CATEGORY 養育費

養育費の増額請求ができるケースとその方法

養育費は離婚する際の子供の年齢などに応じて金額が決まってくるものとなっています。 そのため複数の子供を引き取り、さらに養育費の請求をするということになると、それぞれの子供に対する養育費の金額が違うこともあります。 離婚す…

養育費不払いに対する請求申し立てと命令などの流れ

養育費の支払いについてしっかりと決めた後は必ず公正証書にしておくことが大切になります。 協議で決まったからと安心してしまうと、離婚が成立した後には養育費の支払いが滞ることがありますのでその後、強制執行力を持つ公正証書によ…

養育費の請求に時効無し!但し申し立ては早めに!

夫婦がどのような理由で離婚する場合であっても子供に対する養育費の支払い義務というのは変わりません。 この養育費の支払い義務に関しては双方の親が持っているし、扶養義務ということになりますが実際に離婚をしてしまい、その後養育…

離婚時に養育費不要と口約束をしても法的な効力は無い

養育費の取り決めについて離婚前の段階でしっかりと決められるご夫婦もいれば、離婚した後に話し合いをしようと考えているご夫婦もいるようです。 どちらのタイミングであってもしっかりと支払いの取り決めが出来れば良いですが、まずは…

再婚と養育費の請求権は関係ないことを覚えておこう

養育費の受け取りや支払いに関しては様々な形態があります。 それぞれの状況に応じて養育費を受け取れているというケースもあれば、全く受け取れていないというケースもあるでしょう。 離婚する際の約束なども重要な部分になってくるた…

別居期間中の養育費も堂々と請求できる!

離婚訴訟を起こすと、最終的な判決が出るまで長い時間が必要になります。 一般的に離婚訴訟を起こす際にはそれ以前に夫婦が別居しているというケースが多く、別居中の生活費などについても、トラブルになってしまうことがあります。 別…

親権を持たなくても親の責任=扶養義務は無くならない

離婚をする際に親権を決め、なおかつ養育費についてもしっかりと取り決めをしていれば、その後トラブルになってしまうようなケースは少ないと言えます。 しかし離婚する際に親権だけを決めていて養育費については、離婚後に決めるといっ…

養育費の話し合いは離婚が成立する前に行う

離婚する際の話し合いというのは非常に様々な内容を含んでいます。 慰謝料や財産分与、またその他にも離婚後には今現在住んでいる家はどうするのかなどについても話し合わなくてはなりません。 子供がいる状態で離婚するには、子供に関…

養育費は子供に対しての扶養義務

子供がいる状態で離婚する夫婦の場合には離婚するまでの間に親権者を決めなくてはなりません。 親権者もしくは監護者というのは、子供を引き取って一緒に生活をしながら身の回りの世話をはじめとしてしつけなども行っていく立場となりま…