CATEGORY 離婚の決意から成立までの道のり

例え別居をしていても!離婚調停中の生活費の分担は法的義務

距離によって離婚が成立する側には離婚するまでの間に子供の養育費を含め、夫婦の財産分与などについて話し合うことになります。 しかし協議で離婚が成立しない場合には調停で話し合いをすることになるため多くのご夫婦は離婚調停を行う…

経済的に弁護士へ離婚相談できない方のための「法律扶助制度」とは?

裁判によって離婚問題を解決したいと思っていても、経済的な問題で弁護士に依頼することができないという人もいます。 そうなると、この経済的な部分からいつまでも弁護士に相談できず離婚問題についても解決しないままになってしまうで…

弁護士がいれば離婚もスムーズ?依頼のメリット

離婚する意思が固まったら配偶者と話し合いを行っていきますが、協議離婚がスムーズにいく場合とそうでない場合があります。 当然ですが協議がうまくいかなければ、そのまま調停離婚ということになり、さらにそこでも決着がつかなければ…

国際結婚の夫婦が離婚する場合は自国でそれぞれの手続きを!

日本人同士の婚姻関係であれば離婚をする際には、日本の法律にのっとり離婚を成立させることができるのですが、配偶者が外国人の場合には必ずしも日本の法律だけで離婚が成立するわけではありません。 基本的に日本のように協議離婚など…

要注意!別居の仕方によっては離婚の有責側になることも!

夫婦が離婚に向けて話し合いをする中で、双方で意見が食い違ってしまうことや冷却期間のために別居することがあります。 また実際に裁判離婚する際には、どれだけの期間、別居していたのかということも夫婦生活が破綻しているかどうか、…

離婚の際に夫婦間でトラブルになりがちな「財産分与」

離婚する前の段階で財産分与についても、夫婦間の中でしっかりと決めておくことが大切になります。 離婚が成立した後でも、財産分与については請求することができるのですが、何かしらトラブルが起きてしまうことが考えられますのででき…

離婚の際に夫婦間でトラブルになりがちな「親権問題」

子供のいる子供のいるご夫婦が離婚を考えた場合には離婚をする時点でどちらが親権者となるのかを考えておかなくてはなりません。 子供が複数人いる場合には双方がそれぞれに親権を取ることができるのですが、この親権をめぐって夫婦間が…