弁護士がいれば離婚もスムーズ?依頼のメリット

離婚する意思が固まったら配偶者と話し合いを行っていきますが、協議離婚がスムーズにいく場合とそうでない場合があります。
当然ですが協議がうまくいかなければ、そのまま調停離婚ということになり、さらにそこでも決着がつかなければ最終的には裁判へと移行することになります。
実際に離婚する際に自分たちだけで話をするのが難しかったり協議離婚を行いその際に夫婦間の中でいくつかの制約をして書類を作っていても、この書類そのものが法的に効力を持つものではなく、離婚後に非常に困ってしまうようなこともあります。

そのため、離婚を決意したら、できるだけ早い段階で弁護士に相談しながらその後の話を進めていくと良いでしょう。
弁護士はご自身に代わって協議離婚においても配偶者と話し合いをすることや、様々な書類作り、その他調停を申し立てる場合や法定離婚にもつれ込んでいった場合に代理として出頭することなどができます。
実際に弁護士に依頼することによってどんなメリットがあるのか、それぞれのケースをみていきましょう。

【協議離婚でのメリット】

協議離婚でなく、前述の通りすでに離婚を決意していても配偶者が応じてくれない場合や、離婚を切り出した事がきっかけで暴力を受けるなどといった場合に配偶者に対して離婚に応じてほしいといった代理を弁護士が行うことができます。
その中で協議離婚が成立した際には双方で決めた今後の養育費の支払いや慰謝料の支払者に財産分与などについても弁護士が携わり、公正証書を作ることができます。

  • 直接話し合いをしたくない
  • 相手が話し合いに応じてくれない
  • 感情的になって暴力を振るわれる
  • 法律的に効力のある公正証書を作りたい

などの場合にはとても助かることになります。

【調停離婚でのメリット】

調停離婚ではご自身の代わりに弁護士が主張することができます。
そのため、調停委員に対して弁護士がご自身の代理でしっかりとまとめた内容をストレートに伝えてくれるため、説得力も大きくなります。

  • 自分ではうまく伝えることができず辛い思いをする
  • 伝えたいことがまとまらない
  • 言って良いことなのか悪いことなのかがわからない
  • 調停委員が先方の主張ばかりを鵜呑みにする

などといったケースで弁護士を依頼すると、

  • しっかりまとめた内容を調停委員に伝えてくれる
  • 民法に基づいて離婚調停に必要な内容の重点を絞ってくれる
  • 調停委員に押されずご自身の主張をしっかりと行ってくれる

などのメリットが考えられます。
またこの他配偶者側がすでに弁護士を依頼している場合や、配偶者が口達者め調停委員がこちらの言っていることを聞き入れてくれないなどの場合にも、弁護士を依頼すればこうした不安を取り除くことができます。
さらに調停離婚では自分の中で納得できないような離婚をしてしまうことや、詳しい内容を教えてもらえないまま離婚に応じたら、その後大きな法的問題が潜んでいたことがわかったなどというケースもありますが、弁護士に依頼しておけば、こういった落とし穴に落ちてしまう心配がなく、離婚について取り返しのつかない失敗をするようなことがなくなります。

  • 調停委員に不条理な離婚条件を押し付けられることがない
  • 調停条項の意味がわからないまま同意する心配がない
  • 離婚調停の後どのトラブルが起きるのかについて、あらかじめ予測して対策が立てられる
  • 裁判で有利な内容と不利な内容を細かくアドバイスしてもらえる

このような部分で非常に大きな安心感を持ち、調停離婚に取り組むことができます。

【メンタル面や時間的な部分でのメリット】

離婚というのは非常に多くのエネルギーを使うと経験者は言いますが、実際に離婚問題がうまく解決しなければ精神的にも疲れきってしまうことや、調停離婚には多くの時間が必要になってくるため、こうした部分で仕事にも影響が出てしまう懸念があります。
そこで弁護士に依頼することによって、こうした部分での浪費を防ぎ、可能な限りライフスタイルを重視しながら離婚問題に取り組むことができます。

特に主婦の場合には毎日の家事や育児などがあり、その他にもお仕事を持っていたりすると離婚成立までに多くの時間とエネルギーが浪費されてしまえば、その後の生活も不安定になってしまいますので、できるだけ離婚前の生活が安定させた方が良いと言えます。
実際に弁護士に依頼することで

  • 調停申し立てまでの準備がとてもスムーズなので時間短縮につながる
  • そろえる書類などをしっかり整理した上で準備万端な状態を整えることができる
  • 的確な指導によって精神的な負担や書類集めで余分な時間を使わない
  • 常に弁護士からのアドバイスを受けながら冷静な対応をすることが出来る

このようなメリットがあります。
どのような場面で時間とメンタルの浪費を防ぐため弁護士に依頼した方が良いのかを考えてみると

  • 離婚問題によって子供との時間を削られたくない
  • 仕事が忙しいので離婚問題に割く時間がない
  • すでに夫婦間での話し合いやこれまでの婚姻生活で精神的に参っていて、こから取り組んでいくことに不安を感じる
  • 相手からの離婚条件が毎回変わるため、どのように対応すればよいか分からない
  • 離婚後、母子家庭になることにより手当てするの申し込みの遅くなると困る

このような方々に弁護士の方は非常に心強い味方となってくれます。
弁護士に依頼することで離婚する意思が非常に硬いという事が伝わるのも大きなメリットといえるでしょう。

【弁護士に相談するタイミング】

離婚問題を弁護士に相談するタイミングは人によってそれぞれです。
訴訟が起き始めて弁護士に相談する人もいれば、自分の中で離婚を決めてからすぐに相談する人もいますが、配偶者が離婚しないという意思が固く、調停離婚などがうまく成立しないしれないといった不安を持っているのであれば、できるだけ早く弁護士に相談しましょう。
そうすることによって、調停離婚を含め、その後の審判離婚などを経て裁判離婚へと移行した際にもそれまでの事情などを記録しているため非常にスムーズな手続きまたは話し合いとなります。

【相手が有責となる場合のメリット】

例えば離婚をする際の理由として、相手が不貞行為を働いていたなど、明らかに有責行為が認められるケースでも、自分たちで協議離婚を行ったり、調停離婚を行ってそこで離婚を成立させてしまうケースと弁護士に依頼するケースでは大きな違いがあります。
配偶者が有責行為を行っており、なおかつある程度の資産を持っている場合、離婚成立させる際の財産分与などについて割合が変わってくるのですが、協議離婚をしたり、調停離婚の場合にはこうした割合が細かく取りざたされることはなく、配偶者の有責事実理由で離婚の申し立てをした側としては損をすることもあります。

しかし、こういった部分でも弁護士に依頼すれば有責行為の内容、および配偶者の資産に応じて慰謝料の金額なども変わりとても満足した状態で離婚を成立させることができる可能性も高くなります。

【公正証書を作るには弁護士が一番】

離婚が成立するまで早い段階から弁護士に相談し、様々な事情を把握しながら常にフォローしてもらうのはもちろんですが、それだけでなく、実際に離婚が成立してからは公正証書を作る必要があります。
2人だけで約束した内容を紙に印し、サインをするだけでは法律的な効力を持たないことがありますので、必ず法律的な効力を持つ公正証書を弁護士に依頼して作るようにしましょう。
また、最初にも書いた通り、協議離婚が成立している場合であっても、公正証書を作る際には弁護士の力が必要です。
後になって言っていることが変わったり、実際に支払が行われないといった場合にも公正証書は大きな存在となりますので必ず弁護士に依頼して作成するようにしましょう。

離婚における弁護士の存在は非常に大きく、家庭裁判所での調停委員などとは違った立場から強くサポートしてくれます。
もちろん親身になってくれることや自分とのフィーリングが合う弁護士を探すことが大切ですが、

  • 細かな部分までしっかりと話をして調査してくれる
  • 最終的に調停を行う裁判所から比較的近い
  • 弁護士事務所に直接出向くことができなくても電話やメールで充実したサポートをしてくれる
  • 金額が良心的でリーズナブル

こうしたポイントを押さえて弁護士探しをすると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です