離婚届を提出する夫婦の9割は協議離婚という現実

離婚を考えた時、穏便にできるだけトラブルが無く最終的に離婚届を提出するまで運んで行きたいと思うのは当然の事でしょう。
夫婦どちらが離婚を言い出した場合であっても実際に離婚届を提出するご夫婦の9割は協議離婚をしています。
協議離婚は法定離婚と違い、面倒な手続きなどもありませんので、この方法で離婚を成立させることができれば最もベストだといえるでしょう。
とはいえ、ただ単純に離婚することを決めて離婚届を提出してしまうという方法は後でトラブルが起きる可能性が高くなります。

特にお子様のいるご夫婦などの場合には協議離婚をする前の段階で決めておかなくてはならないことがたくさんあります。
お子様がいなくても慰謝料をはじめとして、離婚後にどちらの姓を名乗りながら生活をしていくのかなどといった部分についても考えなくてはなりません。
もっとも、法定離婚が少なく、協議離婚はスムーズな離婚方法にはなっているものの、やはり協議離婚をする際には、いくつか気をつけなければならないことがたくさんあります。
また、法定離婚に比べれば協議離婚は簡単だといわれていますが、それでもうまく話がまとまらなかったりするため実際に離婚届を提出するまでには長い時間が必要になってしまうことがあります。

ご夫婦としてこれまで生活してきた以上は双方での共有財産もありますから、こうした部分でどのように分与するのかについても考えていかなくてはなりません。
ただ単純に離婚したいからと何の話し合いもせず離婚届を提出してしまうと前述の通り、後でトラブルが発生することや後悔することなどもあります。
ただし、パートナーに暴力を振るわれていて逃げるような形で離婚をしたいというケースでは夫婦間で冷静に話し合いをすることが難しいため、第三者に協力を得ると良いでしょう。
協議離婚でも前述の通り、夫婦の中で話し合いをしなければならないことがたくさんあります。

またそれ以前にパートナーが離婚に応じてくれそうにないといったケースでは、前もって専門家である弁護士さんに相談し、どのように離婚を切り出せばスムーズに離婚を成立させることができるのかについてのアドバイスを受けると良いです。
これまでに多くの離婚問題を扱っている弁護士さんであれば、これまでのご夫婦での生活を始め、パートナーがどのような性格なのかを把握した上で離婚の切り出し方などについても良い方法を考えてくれます。

【書類のことも頭に入れる】

協議離婚となった場合であっても公正証書や離婚協議書などは作成しておいた方が良いと言えます。
このような書類がなければ何らかのトラブルが生じた際に困ることになりますので必ず作っておくようにしましょう。
また協議離婚をする際には離婚届に親権者を記入する欄がありますので、お子様がいるご夫婦はあらかじめ親権者を決めておかなくてはなりません。
その他にも、上記した通り結婚した後は新戸籍を使って今後の生活を送るのか、それとも旧姓に戻るのかなどといった続きも必要になってきます。

こうした部分についても離婚届には記入しておかなくてはならず、さらに離婚届には保証人の署名捺印が必要ですので信頼のおける人に話をすることも大切になります。
離婚届そのものは市役所に提出して比較的すぐにその場で受理されるのですが、どうしても離婚届を受理されたら困るといった場合や、無理やり離婚届にサインさせられてしまったなどの場合には役所側で離婚届を受理しないように手続きをとっておくことができます。
また、離婚するつもりで離婚届にサインをしてもその後気持ちが変わったというケースでは、離婚届を提出するまでは離婚が成立しませんので改めてご夫婦で話し合いを持つことができます。

【協議離婚とその後についてが大切】

近年では若いご夫婦でも離婚する確率が高くなっているため、非常に多くのご夫婦が離婚を経験しますが焦る気持ちで離婚届を提出してしまうと、その後の生活で困ることが多くなります。
特に協議離婚の場合には法定離婚と違って他人が間に入ることもなく、夫婦だけで話し合いを行いますので前述の通り、離婚協議書や公正証書を作らずに離婚されるご夫婦がいますが、目の前の離婚ばかりにとらわれず、その後の生活もしっかりと守っていくことができるように考えた上で協議を行っていくようにしましょう。

離婚そのものを大事にしたくないといった気持ちから協議離婚を選択するご夫婦がほとんどですが、簡単だからこそ気をつけなければならないポイントもたくさんあります。
一度離婚届を提出し受理されてしまえばその後困ることがあっても冷静な話し合いが出来なくなったりすることがあるので、協議離婚が成立する前にしっかりと話し合いを持つことが何よりも大切になります。
少なくとも子供に対しての養育費や親権者、その他財産分与薬に費用の分担などについては協議離婚が成立する前の段階で夫婦でじっくり話し合いをした方が良いでしょう。
一時的な感情で、こうした部分もしっかり話し合わず離婚をしてしまうと本来支払われるはずの費用が支払われなくなったり、後から公正証書などを作ろうと思ってもそこまでの話し合いがうまくいかないケースがたくさんあります。

離婚に関しては夫婦の問題ですが、お子様がいる状態での離婚はお子様の気持ちも十分考えながら夫婦でどうすれば良いのかについてを考えましょう。
面会交渉などについても離婚前の段階でしっかり決めておいた方が良いと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です