離婚調停を有利に進めたいなら弁護士の力を借りるのもアリ!

離婚をするための調停を申し立てたところで必ずしも離婚が成立すると決まったわけではありません。
実際に離婚調停によって不成立となってしまったら審判離婚や裁判離婚へと移行することになってしまいます。
協議離婚が成立しなかった場合には離婚調停を申し立てる必要がありますが、ここでは弁護士をつけたほうが良いのかと悩む人もいます。
実際に早い段階から弁護士をつけて調停の申し立てをする人もいますが、前述の通り離婚調停では離婚できるかどうかはっきりとわかっているわけではありませんので、わざわざお金を支払ってまで弁護士さんにお願いするのは無駄に感じてしまう人もいるようです。

【離婚調停で重視されるポイントについて】

まず離婚調停と言うのは、何を一番重視しているかというと、申し立てを行った人の正直な気持ちや本当に離婚したいと思っている真摯な気持ちということになっています。
これに対して、相手側が離婚したくないと粘るのであれば、なぜ離婚したくないのかを見極めながらできる限り、申立人の気持ちに沿うような形で調停が進んでいきます。
しかしながら申し立てをする側の離婚したいという気持ちがしっかり伝わらなかったり、離婚したくないと言っている相手側の気持ちの方が真摯に伝わってしまったりすると当然ながら、調停員へのイメージも悪くなり調停不成立になってしまうことがたくさんあります。
そのため、弁護士に依頼することによって、いくつかのメリットがありとても頼りになりますので覚えておきましょう。

【調停委員を味方につけやすくなる】

弁護士に依頼して離婚調停を進めていく中で本人が出向くことができなければ弁護士さんに代理をお願いすることもできます。
また、代理をお願いしない場合であっても弁護士に相談しながら今回の離婚調停を申し立てたということを調停員に伝えることによって、本気で離婚を考えていて本当に離婚したいと思っているという気持ちが調停委員に伝わります。
最終的に不成立に寝てしまった場合でも、審判や離婚裁判では、調停での様々な書類なとが必要となり、どのような調査が行われたのかについても参考資料として重要なポイントになるため、この段階から弁護士に相談し、真剣に離婚を考えていることが伝わった方が有利といえるでしょう。

【様々な書類作成をする際にとても助かる】

離婚調停の申し立てには申立書が必要となりますが、これだけではなく調停が進んでいくに従って照会回答書や事情説明書など様々な種類が必要となります。
このような書類に関しても、弁護士に依頼して書類作成を手伝ってもらうことによって、間違えたりわからないことで悩んでしまう心配がなくなります。

【調停を有利に進めるためのアドバイスが受けられる】

調停そのものが最終的に不成立となってしまう場合であっても、早い段階から弁護士のアドバイスを受けることができれば調停で何を話せば良いのか、どのような主張すれば良いのかについてもわかりやすく精神的にも非常に心強いといった部分があります。
離婚したいという思いで調停を申し出たにもかかわらず、調停委員が相手側の味方になってしまい、なおかつ相手が離婚には反対の気持ちを持っている場合には、申し立てた側が不利になってしまうようなケースもありますが、法律のプロとして弁護士さんからのアドバイスを受けることができれば不利になってしまう心配がなく、調停そのものが有利に進む可能性が非常に大きくなります。

【離婚調停で弁護士に依頼した際の費用について】

離婚調停について様々なアドバイスを受けることや書類の作成などに着いを弁護士に依頼するとそれぞれで費用は違ってくるのですが、まずは基本的に書類の作成などを込めて、着手金と報酬金で数十万円が必要になってくるでしょう。
全て細々と書類の作成費用などが個別に設定されている場合もありますが、多くの場合でも、調停が終了する時までをひとくくりにしているようです。

ただし着手金や書類の作成費用に関しては、ひとくくりになっていても、最終的な報酬金については、離婚調停が解決した場合や終了した場合に於いて、実際に離婚調停が解決した場合にはその中で慰謝料や養育費の支払いなどをした部分についても話し合いを行いますので、ここで最終的に決定した金額に基づいて、弁護士さんへの報酬も変わってくることがほとんどになっています。
離婚調停を申し立てる前の段階でまず弁護士さんに相談したいと思った場合には、無料で相談を受け付けてくれている弁護士事務所も増えましたので、こういった事務所を探すと良いでしょう。

【最終的に弁護士をつけたほうが良いのか】

上記のようにさまざまな内容を書いてきましたが、最終的に離婚調停を行う際に弁護士を依頼した方が良いのかについてはもちろんご本人が決めることになります。
ただ、離婚調停では慰謝料についてや養育費の問題、またこの他にも婚姻費用についてなども話すことになりますのでこのような部分に関しても可能な限り有利に調停を進めていくことや、できるだけ多くの費用を支払って欲しいと言う主張するためにも専門家として弁護士のアドバイスは非常に重要な存在となってくるでしょう。

費用的な問題に関しては一括での支払だけではなく、分割で支払いを扱ってくれている弁護士さんも増えてきたので、こうした部分に関しては、まず相談する段階で弁護士の先生に経済的な状況なども素直に話してみると良いです。
調停離婚が不成立になってしまい、審判離婚裁判離婚になるとさらに長い時間が必要になることや精神的な疲労感なども大きくなってしまいますので、できれば調停で十分話し合いを行い最終的には離婚成立といった結果を得られるようにするために、弁護士さんの力を借りるのがベストな方法といえるのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です