「裁判離婚」では一にも二にもまず証拠!論より証拠!

離婚訴訟を起こしても、結果的には勝訴することができなければ、希望通りの離婚はできません。
離婚裁判を行うためには、法定離婚原因が必要ですが、この法定離婚についてそれぞれ証拠があれば裁判を有利に進めることができます。
実際に証拠のない状態で裁判を進めていってしまうと相手が事実を否認することで裁判官への心象が変わってしまうため、証拠のない状態で自分の言っていることが正しいといった裁判官に心象を与えるためには非常に大変な思いをしなければなりません。
そのため、あらかじめ裁判を起こす前にしっかりと証拠を集めておきましょう。

証拠の集め方に関しては、それぞれの法定離婚原因によって変わってきます。

【相手の不貞が原因で裁判を起こす場合】

配偶者の不貞行為を理由に離婚裁判をするのであれば不貞行為と認められるような証拠が大切になります。
例えば浮気相手とのメールの内容で明らかに肉体関係があると思われるもの等が証拠になってくるでしょう。
このほかにも

  • 手紙によって肉体関係があると思われるもの
  • 旅行に出かけた際の写真
  • 継続して付き合っていることがはっきりとわかるような、シーンが違うたくさんの写真
  • ラブホテルやその他宿泊施設への出入りを立証できる内容

こういったものが必要になります。
興信所などを利用して、細かな証拠をつかむこともできますので費用は必要になってしまいますが、裁判で有利に進めたいと思っているのであればできるだけ多くの証拠を集めましょう。
特に不貞行為に関しては、慰謝料も大きな問題になってくるため、証拠があればあるほどに自分にとても有利になります。
また不貞行為を認めるような会話があればこういった会話を事前に録音しておくことも大切です。
どのような形であれ浮気相手の名前や職場などがわかれば、こうしたものも証拠として提出した方が良いでしょう。

【悪意の遺棄についての証拠集め】

悪意の遺棄に関してはどのような婚姻生活を送っていたのかという部分について、他人からは分かりませんので例えば大きな理由もなく配偶者が家を出ていったなどの場合には出ていった日付や、それから連絡が取れていないといった細かな内容をノートに記載しておくと良いです。
また家事をしなかったなどという部分についても細かく全てを残しておくようにしましょう。
生活費を入れに入れないなどの場合でも、どれだけ生活費を入れていないのかといった期間はもちろんですが、一部の生活費を入れていたのか、全く入れていないのかなどについてもできる限り詳細を残しておいたほうが裁判では有利になります。

その際、悪意の遺棄に該当すると思われる言動があった際に携帯電話のメールなどがあれば、こういったものもしっかりと残しておきましょう。

【3年以上の生死不明について】

3年以上生死不明については相手と連絡が取れない状況になりますので、証拠といっても非常に難しいのですが、まずはいつの段階で行方不明になったのか、いつから連絡が取れないのかについては明確にする必要があります。
また行方不明になってから、警察への届出をしたことや、友人や知人などに所在を知らないかと確かめたことなども証拠として提出すると良いでしょう。
この際、友人や知人とのメールのやりとりなども証拠になりますので、ためらわずに提出しましょう。

【回復の見込みがない中での精神病について】

これに関しては病院側からの診断書をはじめとして日頃のご本人の様子や態度をしている側の様子なども全て細かくノートに残しておくと良いです。
どんな介護をしてきたのか、どんな診察を受け、どんな治療をしていたのかなどについても細かく残しておけばおくほどに回復の見込みがない精神病として離婚裁判では離婚判決が下りやすくなります。
ただし、この際にはこれまでの生活状況を記載するだけではなく、離婚した後に精神病を患った配偶者がどのように生活するかについても考えなくてはなりませんので、こういった部分についても介護施設への入居手続きやその他ご家族との話し合いの内容なども証拠として提出すると良いでしょう。

【婚姻を継続しがたい重大な事由について】

夫婦での生活に関して外部が細かく知っているわけではありませんから、婚姻を継続しがたい重大な事由があったかどうかは客観的に判断するしかありません。
そのため、何が理由となって夫婦関係が破綻してしまったのかについてが問われることになります。
ここでは証拠に関しては日頃からどんなことを言われたのか、特に精神的に大きなショックを受けてしまい、それが理由となって婚姻関係の継続が難しいと主張する場合などには何を言われたのかをはっきりとメモに残しておくようにしましょう。

日常的に暴力を振るわれているわけではなくとも感情的になり暴力を振るわれることがあったなどの場合には、必ず病院で診断書を取り寄せるようにしてください。
その他、日常的に夫婦でどのような会話があったのかなどについても細かくメモに残しておくと、そういった細かな内容がすべて婚姻を継続し難い重大な事由に関係してくるため裁判官に与える心証も有利なものになります。

裁判に勝つための証拠を集めるのは簡単な事ではありません。
継続して証拠集めをしなければなりませんので、精神的にも非常に大変な思いをします。
しかし最終的に離婚を勝ち取るためには、やはり証拠が何よりも大きな存在になってくれますので訴訟を起こすまでにできるだけたくさんの証拠集めをしましょう。
どのように証拠を集めれば良いのか、また集めた証拠をどのようにどのタイミングで提出すれば良いのかなどが分からなければ、弁護士さんに相談すると良いです。
基本的には離婚訴訟を起こすタイミングで弁護士さんにも依頼することがほとんどです。
証拠に関してなども積極的に相談し勝訴できるようにアドバイスをもらいましょう。

せっかく訴訟を起こしても敗訴してしまえば全く意味のないことになってしまいますので、離婚判決を勝ち取ることができるように諦めず、しっかりと証拠集めをしていくことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です