最後の仕上げを忘れずに!裁判で離婚が認められたら「離婚届」提出を!

裁判で離婚が認められた際にはこれまで夫婦間の中で何度も揉めてきていますので、とても安心するでしょう。
協議でも成立せず、さらには調停でも成立しなかった離婚がようやく成立したということで、これだけでほっとしてしまうと言う気持ちはよくわかります。
しかし、裁判離婚をした際にも離婚届を提出しなければなりませんので忘れずに必ず提出しましょう。

【判決が確定してから10日以内に提出】

離婚届の提出に関しては判決確定後から10日以内に行うことが決められています。
この際には、判決謄本と判決確定証明書を同時に提示しなければなりませんので裁判所から交付してもらうようにしましょう。
基本的には訴訟を起こした側が離婚届を提出することになりますが、この際に相手方の署名や捺印、証人なども必要ありません。

【原告側が離婚届を出さない場合】

訴訟を起こしたにもかかわらず、離婚判決が下った後、原告側が離婚届を提出しない場合には被告側からも離婚届を提出することが可能になっています。
敗訴した側から提出する際には事実と同じく判決謄本と判決確定証明書を裁判所に交付してもらった上で離婚届とともに提出します。
この場合にも相手方の署名などは必要なく証人も不要となっています。

【離婚届を提出しなかった場合について】

判決確定から10日を過ぎても離婚届を提出しなかった場合には、離婚そのものが無効になってしまったり、離婚届を受けつけられなくなってしまうようなことはありません。
しかし、届出義務違反となってしまいますので、裁判所から5万円以下の過料の制裁が処されることになっています。
相手の署名などは必要なく届け出ることができますので、必ず10日以内に提出しましょう。

また裁判で判決が下った場合だけではなく和解離婚となった場合にも同様に離婚届を提出する必要があります。
最初にも書いた通り、基本的には離婚訴訟を起こした側に提出する義務がありますので裁判が終了した後はすぐにでも届出をした方が良いでしょう。

【戸籍に影響するため早々に届け出をした方が良い】

上記した通り、判決が確定してから10日以内に届出をしなかった場合には5万円以下の過料が処されることになっていますが、これは特に構わないなどという気持ちで届出をしないでいると戸籍上困ることがあります。
お子様のいる離婚の場合には、離婚後にお子様に対して様々な手当などがあり、こうした部分に関しても、離婚届を提出してからでなければ手続きができないものとなっています。

またその他、離婚後に旧姓に戻るのか、そうではないのかなどについても早急に決めておかないと、離婚が成立してから3ヶ月を過ぎてしまうと新戸籍を名乗る場合には家庭裁判所の許可が必要になります。
このような部分でわずらわしい手続きが必要になってしまうことや手続きのためにお仕事を休まなければならないなどといったデメリットが出てきてしまいますので、必ず期日を守って離婚届を提出しましょう。
さらに離婚届を提出した後はお子様の学校への報告などをはじめとして住所の変更やその他様々な手続きがあります。

旧姓に戻った場合であっても子供の親権を取った場合には、自分の戸籍に子供を入れなくてはなりませんので、親権者として子の氏の変更許可の申し立てをしなければなりません。
こうした部分についてもまずは離婚届を提出してからでなければ行うことができませんので忘れないようにしましょう。
単純に親権を取り離婚するだけでは子供の戸籍は基本的に父親の戸籍に入っていることになります。

これまで夫婦生活を続けてきた中で戸籍の筆頭者が夫になっているためです。
これは離婚し、妻が親権者となる場合には、前述の通り手続きをしなければなりません。

【裁判が終わってからの手続きは様々です】

前述の通りやっと裁判が終わったときにはとてもほっとした気持ちになり、これまで長かった争いに関しても大きな安堵感が生まれるでしょう。
しかし裁判が終了したからといってそれで全てが終わるわけではありませんので、前述した様々な手続きに関してもしっかりと考えていくようにしましょう。
後回しにしてしまうと面倒な手続きになってしまうことや、受け取れるはずの手当が受け取れなくなってしまうようなこともあります。

こうした部分については、役場に届出をした際にアドバイスをしてもらうことが可能となっており、その日のうちに複数の手続きができますので1日ゆっくりとした時間をとり、離婚届を提出しに出かけましょう。
またその際に他の手続きも一緒に行うことを想定し、離婚届に必要な謄本や確認証明書だけではなく、身分を証明するものや印鑑などについても所持しておくと便利です。
印鑑がなければ手続きできないことなどもあるため三文判で良いので必ず持っていくようにしましょう。
できるだけその場で複数の手続きを済ませてしまった方がスピーディなことはもちろんですが、後になって忘れてしまうことがありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です