離婚に向けて弁護士を選ぶ際のタイミングやポイント

離婚に向けて弁護士を依頼しようと考えているのであれば、

  • いつ相談すれば良いのか
  • どうやって見つければ良いのか
  • どのように相談をするのが良いのか

などについて初めての経験となるケースがほとんどですので、わからないことがたくさんあります。
一つ一つポイントを押さえながら最終的に良い弁護士探しをしなければ離婚問題についても思うような解決ができなくなってしまいます。

【タイミングについて】

まず弁護士に依頼するタイミングについてですが、これは本当に人それぞれで違っています。
一つ言えるのは、できるだけ早いほうがスムーズに解決することができるという結果になるでしょう。
例えば夫婦2人で離婚について協議を行っていく中で、一方が離婚に応じてくれず話し合いができないといった段階で弁護士に相談する人もいますが、どのように切り出せば良いのかといった段階から弁護士に相談する人もいます。
また協議では解決せず、その後に調停や審判離婚へと移行した際に初めて弁護士を依頼するという人もいるでしょう。
もちろんタイミングというのは、それぞれの状況によって異なってくるものですが、前述の通り、早い段階で弁護士に依頼することで相手にどのように切り出せば良いのか、また切り出した際に受け入れてもらうことができず困ったときにも細かなアドバイスを受けることができます。

さらに、配偶者に有責事実が認められるといったケースでは証拠も必要となり、このような事実によって離婚する際の慰謝料や相続問題、また養育費などについても最終的に金額が変わってきますので、こうした部分からも弁護士に相談することが大切です。
家庭裁判所や行政などにも相談できる場所がますが、あくまでも調停離婚などの場合には上記のような有責事実があっても相場から様々な金額が決定してしまいますので、損をすることもあります。
一方で弁護士であれば、これまでの婚姻期間や有責となる事実の内容を細かく踏まえた上で特に慰謝料等についてはそれぞれのケースに合わせて金額を算出してくれるメリットがあります。

【どうやって探すのかについて】

次にどのように弁護士を見つければ良いのかについてです

知人や友人に紹介を受ける

実際に離婚経験を持ち、その際弁護士に依頼しているという知人や友人などがいれば、このような人から紹介してもらうと良いです。
依頼者としても依頼される弁護士としても紹介者がいると大きな安心感があり、さらに実際の依頼者からは過去の経験を持ち、どのような弁護士だったのかについてをあらかじめ聞いておくことができます。

弁護士会法律相談で紹介してもらう

弁護士会に法律相談を申し込んだ際には有料になりますが、まずは法律相談を行い適した弁護士を紹介してもらうことができます。
相談した内容に応じてベストな弁護士が紹介されるので紹介された依頼者側としても大きな安心感を持って頼ることができるでしょう。

財団法人法律扶助協会から紹介してもらう

財団法人法律扶助協会では、無料で法律相談を行うことができます。
さらに弁護士を紹介してくれますので経済的な理由があって、弁護士の紹介を受けたいというケースや、さらに実際の依頼をした際にも経済的な不安があるといったケースではこちらが良いでしょう。
いくつかの条件をクリアすることによって弁護士費用を一時的に立て替えてもらうことができます。

様々な行政機関を利用する

市役所などの行政機関をはじめとして商工会議所の法律相談や商工会の法律相談などを利用すると、30分から1時間程度の相談を行った上で必要に応じて弁護士の紹介を受けることができます。
正式に弁護士に依頼したいということになれば、市役所側から紹介状を書いてもらい弁護士にその後の相談をしていくことになります。
ただ、こうした行政機関では直接弁護士事務所の連絡先等を教えてもらうことはできず、あくまでも、市役所側から紹介状を書いてもらうと言った形になっています。
これについては相談担当する弁護士が受任勧誘などをしないように防止策として、こうした方法がとられています。

ネットや電話帳などを使ってみる

近年ではインターネットが普及していますので離婚問題を依頼する弁護士探しも以前ほど難しくはありません。
そのため、インターネットをはじめとして電話帳でも弁護士を探すことができますが、この場合には実際に口コミなどを閲覧するためにも電話帳に比べインターネットが良いと言えます。
また、直接電話をかけてもその場で長々と相談を聞いてくれるわけではなく、まずはどのような内容で悩んでいるのかについてや、自分の身をはっきりと伝えた上でその後直接的に相談する日時などを決めるようにしましょう。

【どんな弁護士なら安心できるのか】

上記内容を踏まえた上で実際にどんな弁護士を入れれば良いのかについては幾つかのポイントが出てきます。
以下にわかりやすくご説明しますので参考にしましょう。

離婚問題においてたくさんの経験を持っている

これは最も重要なポイントといっても過言ではありません。
離婚問題というのは最終的に離婚を成立させるだけではなく、そこに関わってくる金銭的な問題などもスムーズに解決する必要があります。
さらに、離婚問題に対しては精神的な問題でうまく取り組むことができなかったり、非常に辛い思いをしてしまうこともありますので、こうした部分までしっかりと把握しながらこれまでの実績を持ち離婚する条件そのものを有利にしてくれるテクニックを持つ弁護士さんであれば信頼できるといえます。

依頼者との間で相互理解ができる弁護士が良い

依頼する側としては、弁護士に対して腰の低い態度となってしまうのですが、これを理由に弁護士が斜め上からの態度をとるようでは今後の離婚問題をうまく解決するのも難しくなります。
十分な話し合いを行い、依頼者との間の中で、今後の方針などについても正当な立場でしっかりと話し合いができるような弁護士がとても誠実で頼れるといえます。

わかりやすく細かな説明を行ってくれる

最初から依頼者にとってメリットになるような良い事ばかり言うのではなく、不利な点や悪い点などに関しても細かく説明してくれることや、これまでにも携わってきた事例や関係する法律について、またこの他にも経済的な部分での合理性をしっかりとアドバイスしてくれるような弁護士が良いです。
専門用語ではなく一般人である依頼者にもわかりやすく説明をしてくれるような弁護士であれば、良心的だと言えます。

費用について明確で良心的な金額

弁護士費用については多くの人々が不安に感じてしまう部分です。
不透明な状態のまま依頼をするのではなく、着手金や実際に使用となってくる実費、その他にも最終的に解決した際の弁護士報酬など細かく提示してくれることや支払方法についてを提示してくれることなども良い弁護士探しのポイントになります。

しっかりと連絡が取り合える

離婚問題に向き合っていくためには、弁護士と頻繁に連絡を取り合う必要があります。
持っとらん依頼者は他にも沢山いますので忙しい弁護士もいますが、その中でもしっかりと連絡が取れることやアポイントの予約についても前向きに時間を割いてくれるような弁護士であれば、精神的な不安も少なくなります。
こうした部分から良心的に連絡が取れたり少しでもアポイントの時間を割いてくれる弁護士を探しましょう。

【弁護士に依頼をする際の注意点など】

上記のように弁護士の選び方ポイントを抑えることが大切になるのですが、実際に相談を行う際にはいくつかの注意点があります。
まずそれぞれの弁護士事務所などによって相談を受け付けている時間が違っていることや、初めての相談の際に必要となる書類などが違っています。
そのためこういった部分についてはあらかじめ調べておくことと、相談内容に関しては非常にわかりやすく要点を伝えることができるように情報をまとめておくと良いです。

  • 離婚したい理由について
  • これまでの婚姻生活で残っている財産
  • 子供の有無
  • 家族関係
  • 配偶者に有責事実がある場合は証拠の有無

このような情報を一つにまとめることができれば相談が非常にスムーズになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です