女の敵は女!男の敵は男!浮気相手への慰謝料請求はできる?

夫婦のどちらか一方に不貞行為があった場合は、この不貞行為を理由に離婚する離婚しないに関わらず不貞行為の相手側に対して慰謝料請求を行うことができます。
夫が不貞行為を働いていたという場合に離婚する際には、夫に対し慰謝料請求をすることができますが離婚しない場合であっても離婚する場合であっても夫の浮気相手に妻は慰謝料請求をすることができるということになります。

不貞行為によって妻は精神的苦痛を味わったと言う意味で慰謝料請求ができますが、ここで慰謝料請求を行った際の金額に関しては不貞行為の期間や妻が浮気相手に対し、夫との不貞行為をやめるように伝えているにもかかわらず長期間にわたり不貞行為があったとされるケース、数回の不貞行為でその後の関係は断ったなどの場合で違ってきます。
また反対に妻に対して浮気相手が離婚を要求したり、その他にも妻の精神的苦痛が大きくなるような行為があった場合には、その分慰謝料は大きくなると考えていて良いでしょう。

【浮気相手への慰謝料請求は難しいケース】

上記のように基本的には不貞行為の相手に対しても慰謝料請求ができるのですが、夫が不貞行為をしていた場合、浮気相手に対して家庭があることを最初から隠していたり、家庭がないと嘘をついていたなどの場合には必ずしも慰謝料請求ができると限りません。
浮気相手本人が夫に対し全くの独身者だと思っていた場合には、単純に恋愛関係と信じ込んで関係を持っていたため不貞行為とは思っておらず、妻に対して精神的苦痛を与えたとは判断されないことがあります。

夫婦間での不貞行為に対する慰謝料に関しては貞操義務違反として離婚する際に不貞行為そのものが理由であれば請求権として支払義務が生じますが、浮気相手に関しては、前述の通り。 妻子あるということが分かっている場合には妻側から慰謝料の請求ができます。
またこれに関しては、夫が不貞行為に及んだ場合だけではなく、反対に妻が不貞行為に及んだ場合でも夫側から妻の浮気相手に対して同じように請求できるものとなっています。

【子供から浮気相手に対する慰謝料請求について】

夫が不貞行為に及んでいた場合の慰謝料請求について、妻が浮気相手に直接慰謝料請求することは可能ですが子供が浮気相手に対して慰謝料請求ができるかといえば、多くの場合で慰謝料請求はできないことになっています。
原則として妻から夫婦関係が崩れたことに対しては慰謝料請求を行うことができるのですが、離婚をしたからといって子供と親の縁が切れてしまうわけではありませんので父親がどのように離婚後子供に接するかによって、子供は父からの愛情を受けながら育つことができます。

こういった場面から子供が直接浮気相手に対して慰謝料請求することは基本的には認められていません。
しかし例外もあり、父親が子供に対して会いたいと思っていたり、経済的にも様々な援助をしたいと思っている状態のか中で浮気相手が子供に会わせようとしなかったり、子供に対して直接父親に会わないでと言ったりするようなケースでは子供にも大きな精神的苦痛があると判断され、子供の慰謝料請求権が認められるといった場合もあります。
必ずしも最初の段階から子供に慰謝料請求権があるわけではありませんが不貞行為が発覚した後の夫の生活態度をはじめ、離婚する場合には、離婚後の子供に対する様々な責任問題によって子供が直接湧き相手に慰謝料請求することが可能になっています。

【いくら請求することができるのかについて】

浮気相手に対して慰謝料請求をする際には、いくらの慰謝料請求ができるのかに関して相手の経済的な状況や不貞行為があった期間などから考慮されることになっています。
一般的には100万円から200万円が一つの相場とされていますが、あまりにも悪質な不貞行為であり、何度も妻に対して嫌がらせをするといったケースや子供に直接嫌がらせをしたなどのケースでは慰謝料の金額も大きくなります。
ただし、夫が浮気相手の生活までも負担しており、浮気相手自身の仕事をしておらず、経済力がないといった場合には慰謝料請求を行っても相手に支払い能力がないため、すぐに支払ってもらうのは難しいといえるでしょう。

とはいえ諦める必要はなく、調停の申し立てを行い、慰謝料請求をすれば相手が働き出した段階で支払を命じることなどもできます。

【夫婦の双方が不貞行為に及んでいた場合の浮気相手への慰謝料請求】

夫婦のどちらか一方だけではなく、双方で不貞行為に及んでおり最終的に婚姻関係を終了させるために離婚すると言った場合をはじめとして、どちらか一方が浮気相手に対し慰謝料請求すると言い出したため、もう一方もそれなら自分も請求するというケースでは、夫婦がそれぞれお互いに双方に対して慰謝料請求をするわけではありませんので、当然ながらそれぞれの浮気相手に対して慰謝料請求をすることが可能になっています。

この場合の慰謝料の金額に関しては、それぞれの状況と経済的な事情から考慮されますので、必ずしも妻の浮気相手から、そして夫の浮気相手から支払われる慰謝料が同じではありません。
もちろん双方で浮気相手に慰謝料請求をする場合であっても離婚するか否かは関係なく、精神的苦痛を受けたとして請求権があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です