感情論ではNG!法廷離婚における「不貞行為」とは?

テレビドラマなどでも頻繁に目にすることや耳にする事がある「不貞行為」
法定離婚する際の原因の一つにこの不貞行為が挙げられます。

民法第770条①に配偶者に不貞な行為があった時というものがあり、これを理由に離婚請求をすることが可能になっています。
そもそも不貞行為というのは「貞操義務違反」になるほか、夫婦の基本的な「婚姻義務違反」にも該当することとなっています。
しかし、不貞行為というのは人によって概念が違っているものですから、どのような状況の中で不貞行為とみなされるのかは実際の裁判でなければわかりません。

【不貞行為の線引き】

例えば宗教上の問題で(心の中においても姦淫するなかれ)などといった内容に反したとして、これを不貞行為とみなすかといえば、そうではありません。
また、例えば夫が付き合いの一環で一度風俗店に行ったなどの場合であってもこれを不貞とみなすことはほとんどありません。
もちろん風俗ではなく職場の関係や人間関係の中で一回限りの浮気があり、これを不貞行為として離婚請求する際には浮気をした夫側がしっかりと反省しており、今後の生活を悔い改めるといた意思を見せているのであれば、婚姻関係を継続することも可能なため、「民法第770条二項」によって、離婚と認めるかどうかはそれぞれのケースによって違っています。

必ずしも一回で不貞行為が認められ、離婚請求を認めているのではありません。

【法定での不貞行為とは】

法定離婚で不貞行為が認められるのは、特定の相手と一定期間に及ぶ肉体関係を持っていた場合や、さらに浮気相手と同居していて、家に戻ってこないなどという場合になります。
1回限りの浮気や風俗に行ったなどを理由として離婚請求をする場合には、不貞行為そのものではなくこれがきっかけとなり、どうしても妻側が許せずに、婚姻関係を継続することが難しいため、「婚姻を継続しがたい重大な事由」に該当してきます。

またここでの不貞行為というのは心の関係にある場合でも該当します。
その他、肉体関係を持っていませんが、心の中で誰かに恋をしてしまい配偶者に対し愛情を注ぐことができないといった場合や、家庭に戻っても家庭での役割をしっかり果たすことができないなどの場合にも婚姻を継続しがたい重大な事由があると言うことで離婚が認められるケースがあります。

【離婚は一度許してしまった後でも離婚請求はできるのか】

配偶者の不貞行為を知った上で夫婦関係を修復するため、一度はこの不貞行為を許した場合であっても、時間が経過しやはりどうしても許せないため、離婚するという人もいます。
この場合には一度は不貞行為に対しての事実を宥恕するという事になりますが、宥恕してしまうと、その後の離婚請求は認められないのかといえばそうではありません。

一時的もしくは一部で宥恕することがあっても全面的に宥恕するのは非常に難しく、その後不貞行為を働いた配偶者が家庭に対してどのような言動をとるかによって大きく変わってきます。
不貞行為を働いた側として家庭をしっかりと大切に考え一生懸命になっているにもかかわらず、どうしても無責配偶者が許せないという理由から離婚請求をした場合には、有責配偶者のこれまでの努力なども認められ、離婚が成立しないケースもあります。

一度は許したものの、ここでの不貞行為が理由になり、婚姻を継続しがたい状況に応じてしまえば無責配偶者からは離婚請求をすることができます。

【双方が同じような立場の場合】

配偶者のどちらか一方が不貞行為に及んでしまい、これに対して腹が立つからといった理由やその他精神面など様々な理由によって、もう一方の配偶者も不貞行為を働いてしまうことがあります。
この場合、例えば最初に不貞行為を働いたのが夫、後から不貞行為を働いたのが妻としましょう。

夫の不貞行為に対し妻は今後も婚姻関係を続けていくといった理由から一度は宥恕しました。
しかしどうしても夫を信じることができず、悩んで辛い生活の中、同窓会で知り合った同級生と一夜限りの不貞行為に及んでしまうといた場合、この妻の不貞行為を夫は自分自身でも過去に不貞行為があるからと宥恕しました。

しかし時間の経過とともに、やはり妻の不貞行為を許すことができず夫が離婚請求をする場合には、自分自身にも不貞行為があるにもかかわらず、妻の不貞行為を理由に離婚請求をすることは平等ではないとして、妻ばかりを有責配偶者と主張することはできず、双方がそれぞれに有責配偶者となり、婚姻を継続しがたい重大な事由があるとして離婚が認められたケースがあります。

自分自身では一度許されているからと潔白なつもりになっていても、過去に同じ経験を持っていれば離婚請求こそできるものの、相手ばかりが有責配偶者だと主張することはできないという結果になります。

【許しても生活を大幅に制限される場合】

不貞行為に対し、一回だけだからと妻が宥恕した後でも、その後の私生活を大幅に制限してしまい、会社などの人付き合いができない状況が長年続いてしまったり、妻からのメールや連絡には、すぐさま応えなければならない、またこの他にも監視されているような生活が長期間続いてしまうと夫は大きなストレスを感じてしまい、今後の婚姻生活が難しいと考えるようなケースがあります。

この場合には、あくまでも不貞行為を働いた夫が有責配偶者になりますが、妻の言動に対し夫は家庭に対して自分の不貞行為を反省し、悔い改めていることに過度な制限を与えていることになるので、こうした生活が何年も何年も続き夫が限界を迎えてしまった際には自分の不貞行為を認めた上で、婚姻を継続しがたい重大な事由があるとして、離婚請求をすることも可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です