財産分与の対象は婚姻関係を結んでから築き上げた財産=共有財産

夫婦というのは、これまで全く違った環境で育ってきた2人が婚姻関係を結ぶことによって家族になります。
そのため、お互いの持ち物などを私物のように扱ったり結婚してから購入したものなどに関しても、共有の持ち物として扱うことがほとんどです。
しかしこのように婚姻生活を続けていた夫婦が離婚する際にはそれぞれに財産分与をする必要があります。
離婚時の財産分与に関しては一般的な遺産相続などとは違っており、対象となるものや分与分についてもそれぞれのケースで異なっています。

夫婦が離婚する際に対象となっているのはどんなものかをしっかりと確認した上で財産における話し合いをしなければなりません。

【対象となるのは共有財産】

離婚時に対象とされているのは共有財産になります。
この共有財産というのは、2人の婚姻関係を結んでから築き上げた財産となりますので、それぞれが結婚する前の段階で所持していたものに関しては対象外となっています。

現金や預貯金

夫婦の場合には、夫名義もしくは妻名義の銀行口座に双方での給料やボーナスなどを貯金する傾向にあります。
しかしどちらか一方の名義になっていても夫婦が共同で生活をしながら貯金してきたというものに関しては財産分与の対象になります。
反対に夫婦は共働きでいて、お互いに口座を所持しており、それぞれの生活費などを折半しながら生活していたと言う場合には、お互いが所持している口座の預貯金について財産分与の対象とはなりません。
双方が認め合い、共有の財産だと認識しているものに関しては財産分与の対象になりますので覚えておきましょう。

車や家財道具などの動産

こちらに関しては結婚してから購入した車または家財道具一式等になってきます。
家財道具の中には高級な値段となる骨董品なども含まれてくるため、こういった部分も財産分与の対象として考えていかなくてはなりません。
夫婦が双方で名義が違った車を所持している場合であっても婚姻関係を結んでからそれぞれが働き婚姻生活を送っていく中で車を購入していますので、お互いが結婚前からの貯金で独自に購入した車でなければ共有財産としての扱いになります。
もちろん家財道具などに関しても同様です。

不動産関係

結婚してから年を購入し家を建てたというご夫婦は非常に多く、こういった場合には住宅や土地に関しても、財産分与の対象になってきます。
ただし、土地そのものをどちらか一方の実家が所持しており、これを利用して家を建てた後の場合には上に建てた家を財産分与の対象とすることがほとんどです。

生命保険金

離婚する前の段階で万期を迎えた生命保険金に関しては名義がどちらであっても、共有財産として扱うことになっています。
また、契約期間中で保険料を現在でも支払っているといった場合には離婚のタイミングでこの保険の将来的な保険金について不確定要素も非常に多いため、共有財産として扱わないことがほとんどです。
離婚する事が決まり、急いで契約を解除したなどの場合にはそこで解除した解約金について共有財産として扱うことになります。

有価証券や投資信託など

結婚してから扱うようになった床証券や投資信託に関しては離婚が成立した段階で評価することになります。
評価した金額に応じて、財産分与を行いました結婚前から所持していたものに関してはどちらか一方が自分の財産の範囲内で運用していた場合、共有財産と扱われることはありません。
しかし、一つの理由が証券などを扱う際に夫婦が共同で協力し合い次は準備したなどの場合には最終的に離婚が成立した際の有価証券等について共有財産として扱わなければなりません。

様々な会員権など

ゴルフを始めとしてその他にも多くのリゾート施設などの会員権を所持している場合夫婦の共有財産となっています。
結婚前から支持していると言った場合には個人の持ち物になりますが、結婚してから購入したものについては共有財産として扱いますので財産分与の対象になります。

結婚してから取得した資格について

結婚前から資格の取得において努力を続け、試験やその他各種手続き、また登録などすべて個人で行った場合には個人の財産となりますが、婚姻関係を結んだあと資格を取得するために配偶者の協力を得たといった場合には企画そのものが財産分与の対象となるため資格を取得するまでに必要となった資金などは財産分与の対象になります。
また資格そのものが今後需要の高いものであればこういった部分も財産分与で考慮されることになっています。

退職金について

離婚が成立した段階で会社からの退職金やその他敷金等が決定しているのであれば財産分与の対象になります。
すでに支給されている部分についても財産分与の対象にしなければなりません。
しかし、将来的に退職金を受け取ることが分かっており、はっきりとした金額や支給されるタイミングが決まってない場合には、離婚時に財産分与対象とならず支払が行われないケースもあります。
これに関しては条件によって結果が違ってくるため心配であれば事前に弁護士さんなどに相談してみると良いでしょう。

年金について

婚姻期間中に夫が支払っていた厚生年金は離婚する際に夫婦で分割することができます。
2008年の4月以降は妻が専業主婦であった場合に夫が支払っていた厚生年金の2分の1が妻名義となるため財産分与を行う際の対象となります。
ただし基礎年金に関しては長さ対象になりませんからあくまでも個性年金を支払っている場合に財産分与の対象にしなければなりません。

営業用の財産について

夫婦が一つの事業等を営んでいるといった場合、離婚が成立した段階でどちらが事業主になっていても、財産分与の対象にしなければなりません。
もちろんプラスがなければプラマイ0になってしまいますが、少しでもプラスがあれば財産分与の対象として扱い夫婦が分与しなければならない決まりになっています。

借金などの債務について

婚姻期間中に借金を作った場合には原則としてこの借金についても財産分与の対象になります。
しかしここで対象になってくるのは、婚姻生活を維持するために必要となる借金になりますので個人的に遊ぶ為に借り入れた借金や欲しいものを購入する為に借り入れた借金については、財産分与の対象としては扱いません。

上記のように離婚時の財産分与の対象となってくるのは細かく決められています。
そのため該当する財産についてもしっかりと確認した上で財産分与の話し合いをしなければなりません。
どちらか一方が共有財産を隠していたなどの場合には後で大きなトラブルになってしまいますので、十分に財産を把握した上で最終的に財産分与を行った際の金額を決めることが大切になります。

万が一にでも配偶者が共有財産となる一部でも隠しているなどと言う不安があったり、本来は共有財産として扱わなければならないものを配偶者には秘密にしているなどの場合には自分で調べることが難しくなってしまうため、どのように細かく調べればよいのかについても弁護士さんや司法書士等に相談しながらまずは共有財産の把握をすることが大切といえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です