財産分与で損をしないためのポイントを押さえよう

離婚によって財産分与をする時には多くの人が離婚後の生活をしっかりと守るため、そして婚姻関係を築いている中で残してきた財産を少しでも多く受け取りたいと思うものです。
そのため財産分与をめぐって最終的には裁判離婚にまで発展するケースもあります。
まず第1に離婚する際の財産分与というのは有責事由の有無等に関わらず原則として2分の1ずつ精算することになっています。

これは妻側が専業主婦であり、働いていなかったと言う場合であっても夫が外で働き、収入を得てくることに対して妻側が内助の功として自宅にいながら貢献していたということが前提になるためです。
もちろん、それぞれのご夫婦のライフスタイルや残された財産などによって分与できる金額は変わってくるのですが、あまりにもここで欲をかいてしまうと後で自分が困ることもあります。

【財産を把握することから始める】

離婚時の財産分与は離婚が成立してから2年以内までであれば請求することができます。
実際に離婚が成立してしまうと、財産分与に於ける話し合いがスムーズにいかなくなってしまいますので、できるだけ離婚する前の状態で話し合いを持つことが非常に重要です。
また、財産分与についての話し合いをする際には必ず全ての財産についてしっかりと把握しておかなければなりません。
夫婦がお互いに秘密で残していたへそくりなどについても原則的には共有財産としての扱いになり、例えば妻が知らない口座を夫側が作りここに給料日の一部や臨時収入などを貯金していたとしても、共有財産として扱われることがほとんどです。

そのため財産分与をする際には、こういった部分までしっかりと把握した上で、それぞれの分与についてを決めなければなりません。
妻が知らないところでゴルフ会員権を持っていたり、株などをはじめとする有価証券を持っていたりするご夫婦もいますので、こういった部分について、自分だけで調べるのが難しい場合には弁護士さんに相談した上でどうすれば細かく調べられるのかを教えてもらうと良いでしょう。

【マイナスとなる財産は極力なくしておくこと】

財産分与をする際に気をつけなくてはならないのがマイナスの財産です。
これは妻や夫が個人的にお金を借りていたという場合には共有財産として対象にはなりませんが、生活をするためにお金を借りたいと言った場合、その他にもローンを組んでいるといった状況の中では共有財産として、このマイナスについても分割しなければなりません。
ですから、離婚が成立する前にできるだけ借金などは返済してしまうことも重要になってくるでしょう。
例えばどちらか一方の親族が病気になってしまい、この病気の治療するための費用夫婦で相談し銀行などから借りた場合には、これも共有財産として考えていかなくてはなりません。
自分の親族ではなく、相手の親族だから自分が抱えてた借金ではないという意見は通用しないものになっています。

【税金には気をつける必要がある】

現金で精算をする場合には税金の心配をする必要はほとんどありません。
しかし不動産で財産分与をする場合、不動産を分ける側には譲渡所得税が必要になってくるケースがあります。
そのほか、株式などの有価証券やゴルフ会員権などについても譲渡所得税の対象になることがありますので財産分与を行う前に税金の対象になるかどうかを確認した方が良いでしょう。
財産を受け取る側は基本的に分与額が適正であれば税金の心配もありませんが、あまりにも多くの財産が分与されたと考えられるケースでは特に不動産の場合、不動産所得税が必要になります。

またその他にも相手に有責事由があるからと、これを理由に自分の取り分を極端に多くしてしまったりすると、社会通念上多すぎる財産分与が行われたとして税金の対象になることもあります。
不動産を分与する場合には特別控除がありますので、離婚が成立してから分与をする方が良いでしょう。
成立前に分与をしてしまうと、譲渡所得税の対象になるため税金を支払わなくてはなりません。
上記のように離婚時の財産分与をするには、まず離婚が成立する前の段階でしっかりとした取り決めをすることが一番大切になりますがそれだけではなく、やはり税金についてもある程度は考慮していかなくてはなりません。
自分の中では財産をたくさん受け取ることばかりを意識してしまい、結果的には税金を支払わなくてはならなかったということになってしまえばそこで出費が増えてしまいます。

また、慰謝料の支払いが発生するケースでは慰謝料の金額などもある程度考慮されることになりますから、慰謝料ばかりをたくさん支払って欲しいと言う話し合いを進めてしまうと、財産分与の割合が少なくなるケースがあります。
こうしたバランスも考えながら、財産分与について考えていかなければならず、できるだけ多く財産分与を受けたいのであれば慰謝料ばかりに気を取られないで財産についてもしっかりと目を向けながら同時進行で話を進めていきましょう。
相手に有責事由があればその分自分が受け取れる慰謝料が多くなりますが、ここで慰謝料をたっぷりとってしまうと、分与される財産にも影響が出るため、まずは財産分与に関して可能な限り平等に行った上で慰謝料請求を行う方が良いと言えます。
慰謝料に関しては、極端な事を言えば離婚が成立した後でも単体で慰謝料の支払い請求の申し立てをすることができますので、まずは財産分与を解決してしまう方が安心でなおかつ的確といえるでしょう。

【共有財産の名義は関係ない】

前述の通り、離婚時の財産分与にはこれまで夫婦が共同で築いてきた財産を対象としますので、名義が夫側妻側どちらになっていても関係ないものとされています。
そのため、離婚を考え始めてからできるだけ多くの財産を受け取るため可能な限りの共有財産を自分名義にしたところで財産が増えるわけではありません。
むしろこういったことをすれば手続きに費用ばかりが必要となりますので、これについてはさほど心配せずこだわる必要もないと言えます。

【評価のタイミングについてもある程度考慮する】

不動産をはじめとして、現金以外の財産について評価額を知らなくてはなりません。
このタイミングによって受け取れる財産にも多少影響が出てくるためどのタイミングで評価するのかについても考えるようにしましょう。
こういった部分は夫婦が離婚する理由そのものたら別の部分でしっかりと考えなければなりません。

基本的には離婚が成立したときとなっています。
裁判離婚などの場合には成立までに時間がかかってしまい判決が下ったタイミングで評価しなければなりませんので同じタイミングで財産の価値が下がっているようであれば、取り分は少なくなってしまいます。
そのため、こうした内容から分与される財産が少なくなってしまうことを防ぐため裁判ではなく、可能な限り協議や調停で財産分与について決めることもひとつの理想形といえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です