子供に会わせてもらえない時は「面会交渉」の申し立てを!

離婚する際に夫婦憎み合ってしまったり大怪我するような形になってしまうと、親権者となる一方の親がもう一方の親に対して子供には会わせないなどと言い張ることがあります。
また、離婚する際には子供と合わせると言った内容で離婚届を提出しても、その後にやっぱり子供のためを考えるとあわせないほうが良いからなどと突然会わせなくなってしまうこともあるでしょう。
原則的には親権者または監護者でなくても子供には会う権利が持っていますので、子供に会わせてもらえず困ったときには面接交渉を行うと良いです。

【面接交渉とは】

面接交渉というのは親権者にならなかった一方の親が離婚後子供に会うことができる権利をいいます。
この権利に関して法律等で定められたものではありませんが実際の実務としては、家庭裁判所などの判例でも認められるものとなっています。
親権者ではない親と子供が合うことに対して、子供への悪影響がなければ面接交渉権は認めてもらえますので家庭裁判所に申し立てをすると良いでしょう。

【面接交渉で決めることはどんなこと?】

面接交渉する際には、細かな部分までしっかりと決めることが大切になります。
主に決めておいたほうが良い内容としては、月に何回程度、子供に会えるのかまたその際には、何時間会うことができるのかについてとなるでしょう。
そのほかに子供を宿泊させても良いのかどうか、会う場所は自宅でも良いのか、それとも外出先やレジャーランドなど外でなければならないのかについても決めておいた方が良いです。

日頃から電話を使った連絡などはとても良いのかどうかに関してもお子様が携帯電話を持っている年齢であれば決めておいた方が良い内容と言えます。
このほか、トラブルになりやすく、あらかじめ決めておいた方が良い内容としては学校行事への参加や、プレゼントなどを渡しても良いのかどうか、待ち合わせ場所にはどのようにして子供がいけばよいのかなどになってきます。
このような一つ一つの内容を決めるにも意見が食い違ってしまい対立するようなことがありますので、しっかりと決める事が難しければ家庭裁判所に面接交渉の調停申立をして決める方が良いでしょう。

面接交渉の調停申立をする際には親権を取っている親側の住所が必要になるので、必ず把握しておくようにしましょう。
また、調停で話し合いが出来ずに審判になる場合には、子供の住所が必要になってきます。

【面接交渉の調停は必ず認められるのか】

子供に会いたいという思いがあっても親権を取っている親が子供に会わせないなどと言い張るようであれば、前述の通り面接交渉の調停申立をすることによって細かな内容を取り決め子供に会うことができます。
しかしこれはごく一般的なケースですので中には面接交渉が認められないこともあります。
よほどの理由がなければ、面接交渉が認められないということはなく、やはり子供の気持ちも尊重しながら親にも会えた方がいいといった見解になります。
一部面接交渉が認められないのは、

  • 著しく親権者として失格とみなされる行為があった場合
  • 支払能力があるのに養育費を負担せずしっかりと納めてくれない場合
  • 子供にはもちろん、その親権者や監護者にも暴力を振るったり暴言を吐いて悪影響を及ぼす場合
  • 子供自身が面接を望んでいるかどうか

等が重視され、面接そのものがふさわしくないと判断されれば、面接交渉が認められなかったり制限されたりすることがあります。
例えば子供が思春期を迎え、離れている暮らしている親に会うことで、その都度精神状態が不安定になってしまうなどのケースでは面接交渉が認められないことがあります。
支払能力があるのに養育費を支払わないというのはそもそも子供に対しての愛情に疑問が生じてくるため、ここでも面接交渉に対する制限がかかることがあります。

また、親権者となる親が再婚することによって子供は非常に円満な生活が送れるようになったという状況の中で、離れた親に会うことが子供にとってマイナスと判断されれば、このケースでもやはり面接交渉は認められないことがあります。
あくまでも面接交渉というのは子供の気持ちや環境を整えた上で最終的に決めることになっていますので、親の気持ちだけで決まるものではありません。

【一度決まった内容を取り消したり変更することができる】

離婚する際に親権者のみを決めていて、その後、子供に会うことなどを細かく決めなかったというケースでは離婚後にある程度時間が経つと子供に会わせてもらえず困ってしまうといったことがあります。
反対に離婚する時には子供に会わせるといった約束であっても、その後、子供に会わせなくなったため、もう一方の親としたら子供に会うことができなくなってしまうというケースもあるでしょう。
このような状況の中で前述したように、面接交渉の調停申立をすれば一般的には会う事が出来るようになりますが、それでも調停で決まった内容に対し、親権者ではない親が約束を破っていたり、子供に会うたびに時間を守らないなどの事情があれば面接交渉で決められた内容も破っていますので、内容そのものが変更されたり取り消されることもあります。
上記の通り、面接交渉に関しては子供にとってプラスになるかマイナスになるかが最も重視されますので、時間と約束を守らず夜遅い時間に帰すため、子供が翌日学校を休んでしまうことが増えたと言うケースや、教育上子供には良くないことを話すため、子供の精神状態が不安定になってきたなどの場合には面接交渉が変更される、または取り消される可能性が高くなります。

子供自身が親権者ではない親に会うことを希望していても親権者と取り決めた内容に基づいて、約束を守っていなければ親権者側から変更や取り消しが行われてしまうことになるため子供も会えなくなる親権者ではない親も辛い思いをしなければなりません。
離婚することによって子供との面会がある程度制限されてしまうのは仕方がないことですので、面接交渉によってしっかりと決められた内容については厳守するように心がけなくてはなりません。
子供に愛情があり、時々の面接によって、もっと一緒にいたいと思う気持ちが出てきても必ず時間通りに帰すことが必要になります。

もちろん親権者に連絡を取り合い、週末なので泊まらせても良いなどと言うことがあれば親権者の了承を得ていますので可能ですが、その際には必ずメールでのやり取りなどを行って証拠が残るようにしておくと良いでしょう。
単純に電話連絡だけで了承を得てしまうと後から親権者により勝手に子どもを泊めて帰さないことがあるなどと、因縁をつけられてしまったり面接交渉の制限や停止を申し立てられてしまうことがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です