判決事例|「性格の不一致」で夫婦関係が破綻しているか

離婚した経験者の話を聞いてみると離婚の原因そのものは性格の不一致だったということはよくあります。
有名人で離婚会見など開き、その際の理由についても性格の不一致だったと言われる事がありますが、これはあくまでも協議離婚となっている場合に限ります。
協議離婚であれば性格の不一致であれ、その他どんな理由であっても夫婦2人が納得した上で離婚しますので、特に理由は問われるようなことはありません。
そのため、表向きは性格の不一致と言っていても何ら問題はないわけです。

たとえば配偶者の不貞が原因で離婚した場合であっても公にはしたくないですので、離婚の原因そのものは性格の不一致と言うご夫婦もいます。
しかし協議では話がまとまらず法定で離婚についての判断をしてもらうとなった際には、性格の不一致というのはそもそも離婚の原因として認められているものではありません。

民法770条には5つの法定離婚の理由を定めていますが、その中に性格の不一致と言うのも含まれていませんので、はっきりとこれを理由にして離婚をすることができない決まりになっています。
ただし【民法第770条5つ目】の項目に「その他4つの事由に該当せず婚姻を継続しがたい重大な理由がある場合には離婚が認められる」といった決まりがあります。

性格の不一致というのはこれに該当しますので性格の不一致が原因となり婚姻を継続しがたい重大な事由があるといった場合に離婚が認められることになっています。

【性格の不一致であればいつでも離婚できるのか】

夫婦2人がお互いに性格が合わないと感じたらすぐにでも離婚ができるのかといえばそうではありません。
夫婦には協力義務や扶助義務、同居義務などがあり、まずは性格の不一致を感じても夫婦がお互いに譲歩し、努力していかなくてはなりません。
こうした努力をしてもなお双方で今後の婚姻関係において回復が見られないと思われるケースでは法定で考慮され離婚判決が下ることになります。

単純にお互いが見たいと思うテレビの好みが違っており、こうした部分での意見が一致しないため、これを理由に離婚したいと言っても法定では認められないことになります。
日々の食事の味なども含め、その他様々な理由で性格の不一致だと思っていても、まずは夫婦がお互いに協力することとなりますのでどちらか一方の努力が足りないと判断されたり双方が努力することによって夫婦の婚姻関係を回復できると思われるケースでは裁判によって棄却されることもあります。

【実際のこれまでにあった判決について】

過去に行われた離婚裁判によって、実際に性格の不一致が原因となり、婚姻を継続しがたい重大な事由として離婚判決が下ったものの中には、夫の経済観念の低さや妻が大きな不満を持ったことにより、夫といれば喧嘩、罵倒ばかりになってしまい、こうした妻の態度を理由に夫は毎日のようにお酒を飲んで時々暴力を振るっているような生活が続き、家庭内別居が結果的には4年になり、さらに夫婦で同じ屋根の下に暮らしているにもかかわらず、話したい事や必要な連絡などは一つのノートで行っていたと言うご夫婦は、夫からの離婚請求でもありましたが、どちらにも責任があると言うことで夫婦関係が破綻しているとの判断で離婚判決が下されました。

【性格の不一致が理由になり、夫婦関係が破綻しなければ離婚はできない】

最初にも書いたとおり、協議離婚であれば、どんな理由でも離婚することは可能です。
しかし法定離婚をする際には性格の不一致だけではなく性格の不一致そのものが大きな引き金となり、その後の夫婦関係に支障を与え、夫婦関係が破綻するほどの状況になってから初めて離婚が認められることになります。
そのため家庭内別居を含め、別居している場合にはそれぞれの婚姻年数やそれまでの経緯などによって離婚が認められるかどうかは変わってくることになります。

【趣味や嗜好などの違いで簡単には離婚できない】

双方での趣味などの様々な嗜好が違っており、性格の不一致だと本人が感じていても、お互いに努力することも可能ですのでこれだけを理由に離婚することは難しいと言います。
また宗教上の問題であっても、あまりにも宗教活動に力を入れすぎてしまい家庭を顧みないなどといった理由がなければ婚姻を継続する重大な事由とはならず、離婚が認められるケースはほとんどありません。

【離婚する際には証拠を含め様々な準備が必要】

婚姻しがたい重大な事由を理由として離婚する際にはそれなりの証拠が必要になってきます。
例えば夫婦喧嘩をした際に相手から言われた言葉をメモに残しておくことや、メールの内容などを保存しておくこと、また別居の状態が続いているのであれば、何年別居状態が続いているのか、また別居中に生活費の支払いなどが行われているのかといった部分も大切になります。

実際に夫婦生活が破綻していると思われるケースでなければ前述した婚姻を継続しがたい重大な事由とはならないので、離婚が認められる可能性が低くなってしまいます。
性格の不一致とはそれが理由で夫婦関係が破綻してしまい、別居や家庭内別居、その他にも顔を合わせれば毎日喧嘩となってしまい婚姻関係を続けていることで精神的に抑圧されてしまう等の状況の中、今後の婚姻生活が継続しがたい重大な事由として認められることになります。
一般的に性格の不一致で離婚したというのは、多くの場合で協議離婚になるでしょう。
法定離婚をする際には前述したように様々な部分を考慮したうえで最終的な判決が下ることになっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です