再婚と養育費の請求権は関係ないことを覚えておこう

養育費の受け取りや支払いに関しては様々な形態があります。
それぞれの状況に応じて養育費を受け取れているというケースもあれば、全く受け取れていないというケースもあるでしょう。
離婚する際の約束なども重要な部分になってくるため、離婚協議書などを作り、養育費に関しての取り決めをする事が大切です。
離婚後それぞれに元夫婦が別々の生活をしていくことになりますが、養育費を受け取っている側として再婚することなども考えられます。

たとえば母側が親権を取り、子供の父が養育費を削っていたというケースで、母が再婚した場合には養育費の受け取りはなくなってしまうのでしょうか?

【再婚と養育費の請求権は関係ない】

養育費というのはあくまでも子供が受けるものですから、母親が再婚することによって子供の養育費の請求権がなくなるわけではありません。
またこれまでにも養育費を支払っている子供の父としては元配偶者が再婚したからといって子供に対しての養育費の支払い義務がなくなるわけではありません。
そのため母が再婚し、さらに再婚相手と子供が養子縁組を結んだなどというケースでも実の父親は子供に対する養育費を支払い続ける必要があります。
単純に再婚を理由に養育費の支払いを止めるということはできませんので、万が一養育費を削っている側が再婚をした際、これを理由に父親側から養育費の支払いをストップさせてしまった時には公正証書等に基づいて支払いの請求を行っていくと良いでしょう。

母が再婚した場合には、母、そしてこれまでにも養育費を支払っている父、さらには母が再婚した子供にとっての義父が子供に対する扶養義務を持つことになり、前述の通り養育費の支払い義務は無くなりません。
この部分を勘違いしている方も居られるようなので養育費を支払っている側として相手が再婚したからと、養育費の支払いがなくなるわけではないことはしっかりと覚えておきましょう。

【支払う側が再婚した場合】

養育費を支払っている側が再婚するというケースも考えられます。
このケースでも基本的にはこれまで子どもに対して支払っていた養育費などは継続して支払う必要でてくるのですが、再婚し新しく子供が出来て自分たちの生活をしっかりと守っていかなければいけない立場ですので、これまで支払っていた養育費に対しての減額調停など申し立てることができます。
支払う側が再婚したといって、自動的に養育費の支払いがなくなるわけではなく、金額や養育費免除などについては必ず申し立てを行い受け取る側との話し合いをしなければなりません。

また受け取る側としても払う側の状況が変わったからといって、養育費の減額や免除などは認めないと突っぱねる事がありますが、このような部分に関しては話し合いで終わらなければ審判で判決が下されることになります。

【再婚すると減額になるケースが多い】

養育費の支払いをする際には金額を算出する段階で支払う側として受け取る側の生活状況が考慮されることになっています。
そのためこれまでは一人で子育てをしていた側は生活が厳しい状況が続きますが、再婚することによって、ある程度生活水準が上がるので、これを理由に支払う側としては減額の申し立てをすることができます。

また、支払う側が再婚したというケースであっても、やはり今までと生活が変わり新しい家族を養っていかなくてはなりませんので、ここでも減額が行われるケースがほとんどです。
もちろん、減額や免除に関しては、申し立てを行ってしっかりと取り決めをしなければならないのですが、2人で話し合いをしても細かなことが決まらない時には養育費変更の申し立てをして減額や免除については話し合っていくようにしましょう。
どちらか一方が再婚することによって養育費の支払いに関してはトラブルになってしまうというケースがありますが、基本的には再婚と養育費の支払いについては直接の因果関係を持たず、支払う側としても受け取る側としてもそのままの権利を維持することになります。

特に受け取る側が再婚すると養育費を支払わなくて良いだろうと勝手な判断で養育費の支払いをストップしてしまうことがあるようですがこのようなケースでは、公正証書がある限り、強制執行が行われ、給与の差し押さえなどになってしまうことがあるので独断で支払いをストップするのではなく、相手の状況をしっかりと判断したうえで減額や免除に関しては家庭裁判所を通すようにしましょう。
減額や免除になった際家庭裁判所を通しておかないと、改めて公正証書を作ることができなくなるので支払う側としても不利な状況に追い込まれてしまうことがあります。
話し合いをするのは親同士になりますが、あくまでも子供のためのお金だということを忘れずに教育費の金額についてもしっかりと考えていく必要があるでしょう。

【私情や感情で養育費の金額は変えられない】

例えばこれまで養育費を支払っている側が受け取っていた側の再婚を知り、なんとなくヤキモチを焼いたり妬むような気持ちから養育費の支払いをストップさせたり減額するというケースもあります。
しかしこのようなケースでも、それぞれの生活状況がしっかりと加味されることになっていますので、単純にヤキモチを焼いたと言う気持ちから養育費の金額が減るようなことはありません。
前述した通り、あくまでも子供が受け取れる養育費ですので大人の感情だけで簡単に金額を変えたり、支払いをストップさせたりして良いものではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です