離婚時の年金分割は将来の生活の支えにも

夫婦が婚姻関係を結び一つの世帯として生活している間は夫婦で支払っている年金に関しても共有財産としての扱いになります。
そのため離婚する際にはこの年金を分割することができるようになっています。
これは財産分与に該当する内容となっていますので例え専業主婦であっても夫が働いており、厚生年金や共済年金を納めているのであれば離婚する際に年金の一部を分割してもらうことができます。

【離婚後は独身時代と同じ扱いになる】

結婚する際にそれまで働いた年金を納めていたというケースでは、独身時代に収めていた期間の年金額などは婚姻期間の夫婦共同での財産として扱われるわけではありません。
あくまでも独身でいた期間の年金に関しては、離婚後にもそのまま引き継がれるものとなっており、離婚した後には妻、夫それぞれに結婚前の独身期間中に支払っていた年金と離婚後に支払う年金について、将来的に年金給付の対象となります。

【婚姻期間中の年金を分割する場合】

離婚する際に婚姻期間中の年金を分割する際には前述の通り、専業主婦であっても夫が納めていた年金の一部を分割することができます。
平成20年3月までの年金に関してはこれ以前に婚姻期間があっても、ここまでの婚姻期間中に支払った厚生年金を夫婦で協議によって分割することになっています。
協議によって、話し合いが出来なかった場合には家庭裁判所で調停を起こす、もしくは審判によってどれだけの分割ができるのかを決めることになります。

平成20年4月以降の年金分割に関しては妻側として専業主婦であれば、婚姻期間中に夫が支払っていた年金額の半分を対象に分割することが可能になっています。
また夫婦が共同で働きながらそれぞれに婚姻期間中の年金を納めていたというケースでは、夫婦の納めた年金額をまずは一度合算した上で2分の1づつ分割するといった方法がとられています。

そのため、平成20年以降に離婚をする場合には平成20年3月までの年金に関しては協議、もしくは調停や審判によってそれぞれの分割分が決まることになっており、平成20年の3月以降に支払っていた夫婦共同の名義に関しては自動的に二分の一で分割されることになっています。

【離婚することになると、夫は不利になるのか】

年金制度には加給年金というものがあり、妻が65歳になり、年金の受給対象になった際には夫はこれまで支払ってきた年金から家族手当にも該当すれば、加給年金の支払いが行われるようになります。
しかし離婚することによって、夫の加給年金がなくなってしまいますので65歳になる前の段階で離婚する場合には、加給年金、また振替加算額について、受け取りはできません。

下記年金に関しては妻が65歳になった際に振替加算として支払われるものですが、離婚してしまえば妻ではなくなりますから、支払いがなくなるのは当然といえます。
そのため、夫側として将来的に妻が65歳になった際、加給年金は振替加算として受け取れると思っていても離婚することによってこの部分は消滅することになります。
もちろん夫側だけが損をするわけではなく、妻側としても65歳以前の離婚であれば、この部分については受け取りができなくなるため夫婦それぞれにデメリットがあると考えられるでしょう。

【年金分割の請求はどうすれば良いのか】

年金分割の請求をする際には協議であっても、調停や審判であっても最終的に年金事務所に対して請求書を提出しなければなりません。
この際には、標準報酬の分割改定の請求というものを提出するのですが、この書類はインターネットでも簡単に入手することができます。
また請求書を提出する際には年金手帳や国民年金手帳、その他にも基礎年金番号通知書等が必要になります。

さらには戸籍謄本や住民票、また離婚時に公正証書などがあれば、このような書類も一緒に提出する必要があります。
これまでの期間どれだけの年金を納めていたのかについて、婚姻期間中の年金をしっかりと把握したい場合には「保険料納付記録」というものを取り寄せることが可能になっています。
この取り寄せに関しては夫婦共同で行ってもどちらか一方が単独で行っても可能なものになっており、例えば妻が夫の納付記録を取り寄せる際に夫の許可などは必要ありません。

【離婚すればすぐに分割した年金が受け取れるのかどうか】

離婚する際には前述の通り、これまで夫婦共同で支払ってきた年金を分割することができるのですが、離婚が成立したからといってすぐに分割して年金が受け取れるわけではありません。
あくまでも年金が受け取れるのは受給資格要件を満たしていなければなりませんから、年金の受給できる年齢になって初めて離婚時に分割された部分に関しても受給できるものとなっています。
また離婚後に金を受給するまでには長い時間が必要になるケースがほとんどですから、何十年という年月を過ごす中、例えば元夫が先に亡くなってしまったというケースでも妻が受け取る年金には影響がありません。

離婚する際に年金分割が行われ、ここで行われた分割については、いつまでも記録が残るものとなっているため自分自身が年金を受け取れる年齢になった際には離婚する前に支払っていた年金と離婚後に支払っていな年金、そして離婚時に分割した年金についても受けられることになっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です