判決事例|「セックスレス」がどこまで夫婦関係を破綻させているか

夫婦として生活をしていく以上は、その夫婦生活の中に当然ながら性生活も含め含まれてきます。
どんなにケンカをしていても夫婦は一つ布団で寝ろと昔から言われているほど、夫婦にとって性生活というのは非常に大切な存在となっています。
また他人からは知ることのできない夫婦の寝室事情となりますので、特に目立ったタブーなども無いと言われており、双方が合意さえしていれば性の不一致はないという判断になります。

しかし、法定離婚の原因の一つに、性の不一致があり、これは「婚姻を継続しがたい重大な事由」に該当します。
単純に性の不一致が離婚の原因になるというわけではなく、これを理由にして婚姻を継続しがたい重大な事由が発生するようであれば離婚が認められるということになります。

【細かな線引きは裁判でも難しい】

とはいえ前述した通り、夫婦の性生活の事情というのは他人があーだこーだと口を挟むような事ではありません。
そのため性の不一致を理由に婚姻を継続しがたい重大な事由があるとしても、どこで線引きをするのかというのは明確な決まりはなく、ある程度一般的な性生活などを基準として、(何となく)裁判官が決めることになります。

【セックスレスとはどんな状況なのか】

一般的でなおかつ健康的な夫婦であれば1ヶ月に数回程度の性生活があると言われていますが、セックスレスと言われるご夫婦の場合には、これを理由に婚姻を継続しがたい重大な事由として離婚裁判を起こすことが可能になっています。
しかしどのような状況であればセックスレスとして判断するのかについて、まずは知っておかなくてはなりません。
これに関しては特に病気などもなく、高齢者でもなく一般的に健康的だと言われている夫婦な1ヶ月以上から数年間にわたり性交渉がない状態をいいます。
どちらか一方が大きな理由もなく拒否し続けているなどの場合には該当することになります。

【セックスレスに該当しない場合】

反対に、実際の性交渉がなくても該当しない場合にはどのようなケースがあるかというと

  • 病気になって性機能が働いていない
  • 療養によって性交渉が難しい場合
  • 高齢によって、性機能が低下している場合

などになってきます。
そのためご両親と同居していて尚且つ小さなお子様がいるので、なかなか集中できずどうしても性交渉を拒んでしまうなだの場合には該当しないケースもあります。

【セックスレスがどこまで夫婦関係を破綻させているか】

こうした理由で離婚裁判を起こす際には実際に性交渉が無いことで、どれだけ夫婦関係が破綻しているかという部分に焦点が集まります。
特に夫婦間での性交渉がなくても客観的に見て夫婦関係が破綻しているとは思われず、その他の部分では円満な夫婦生活が送れているようであれば、「婚姻を継続しがたい重大な事由」には当てはまりません。
非常に極端な話になりますが、夫が同性愛者になってしまい、妻からの申し出を長期間断り続けていた。などの場合には不貞行為としての線引きは非常に難しいものの、実際にはこうした夫婦間でのセックスレスが理由になり、尚且つこのような事実が分かった際の妻の精神的ダメージなども考慮され、「婚姻を継続しがたい重大な事由」に該当してくるケースがほとんどです。

【拒否が続くだけでは離婚できない】

特に大きな理由などがなく、単純に疲れているからなどといった理由で性交渉を拒否された場合には、婚姻を継続しがたい重大な事由として認められるケースは少なく、体は健康な状態で年齢も比較的若いにもかかわらず、

  • 長期間にわたり事が性的不能である状態
  • 性欲が異常に強すぎてしまい、妻がそれに耐えられないというケース
  • 夫婦どちらか一方が極端な潔癖症によって性に対する嫌悪感を抱いている

などの場合には離婚が認められることがあります。
またこの他にも一般的な性感覚を持つ人から見れば変態と言われるような性的嗜好があるといったケースでも、もう一方の配偶者が大きな負担を負ってしまうため、「婚姻を継続しがたい重大な事由」になります。

【実際に離婚が認められた例について】

セックスレスがきっかけとなり夫婦関係が破綻したことにより、婚姻を継続し難い重大な事由として離婚が認められたケースでは、結婚当初は夫婦間での性交渉があったものの結婚生活が長引くにつれ、夫がポルノに熱中するようになってしまい、雑誌をはじめとしてDVD などばかりに関心を示し、妻からの要求には一切応じなくなってしまったというケースでは離婚判決が下っています。

一般的に離婚が認められるケースでは3年以上にわたり特別な理由もなく、 全く性交渉がなかった場合や、上記した通り1部の極端な理由によって性交渉がなかったという場合になっています。
そのため体調不良が続いてしまったことが理由になっていたり、どちらか一方の配偶者が更年期を迎えたことによって一時的に数年間夫婦生活がなかったなどという場合には、セックスレスであるかどうかを判断するのが非常に難しく、さらに夫婦間の中でまだ協力し合えることであったり、夫婦関係の回復において手立てがあるのではないかという判断から、離婚請求そのものが棄却されることもあるようです。

【強引な内容はDVになるケースがある】

配偶者がいつまでも要求に応えてくれないからと強引に性交渉を行ったなどの場合には、状況によってDV に該当してしまうケースがあります。
もちろんこうした部分についてもそれぞれのご夫婦によって様々な寝室事情がありますので、全てが該当するわけではありませんが、あまりにも強引な趣向の強要や妻が拒否を続けていて、夫が強引に性交渉を求めたため妻側の身体に何らかの怪我が残ってしまった場合や炎症が残ってしまったなどの場合にもDV に該当するケースがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です