判決事例|家族の生活を省みない「浪費・ギャンブル」の境界線

夫婦が生活をしていく以上は経済的な部分もしっかりと考えなければなりません。
しかしどちらか一方の配偶者の浪費グセが治らなかったり、ギャンブルに熱中してしまい家庭を顧みないなどといった生活の場合には「婚姻を継続しがたい重大な事由」で離婚の原因になります。
協議であれば、単純にギャンブルやその他の日などを理由に夫婦が話し合い離婚をすることができますが、法定離婚の場合にはしっかりとした法定離婚理由がなければなりません。
また、法定離婚をする際に上記した婚姻を継続しがたい重大な事由と判断されるまでには少々のギャンブルや浪費などでは該当せず、本当に生活そのものをしっかりと行っていかれないような状況にならなくては認めてもらうことはできません。

【離婚につながる浪費の境界】

婚姻を継続しがたい重大な事由になるほどの浪費というのは単純にお小遣いを使い込んでしまい、その他にも少々の出費がある程度ではありません。
家族が生活していくための費用全て使い込んでしまい、さらに借金も作り自分の趣味や娯楽のためにお金を使ってしまうなどのケースが該当します。
車に夢中になった夫側が、自分の小遣いだけでは車のドレスアップをすることができずその他にも月々数万円の費用をかけたなどの場合には法定離婚では認められることはほとんどありません。
1ヶ月の収入をほとんど車につぎ込んでしまい、家族の生活を省みないという状況になって初めて婚姻を継続しがたい重大な事由となってきます。

また女性の場合であってもブランド品やその他自分の洋服などにお金をかけてしまいさらには借金を作り、この借金返済のために生活ができないような状況になって初めて認められる内容となっています。

【ギャンブルについて】

どちらか一方の配偶者がギャンブルに熱中してしまっているといった場合でも、毎日のようにただギャンブルに通っているというだけでは法定離婚の際に婚姻を継続しがたい重大な事由にはなりません。
ギャンブルを繰り返し、さらには借金を重ねてしまい、その借金の取立てに家族が追われてしまったことによって、毎日怯えながらの生活やその他にも借金返済が厳しくなり夫婦が共働きをしていても、ある程度の水準を保って生活ができなくなった時に認められます。

実際の裁判例として夫がギャンブルに狂ってしまい、借金を繰り返しましたが、その他の部分では夫婦関係が破綻しているといえるような内容はなく当時の妻は無職だったため、妻が働きに出ることで、借金返済をするための収入を得ることができるとして離婚が認められなかったことがあります。

【生活できるかどうかが鍵】

浪費又はギャンブルなどを婚姻を継続しがたい重大な事由として認めてもらうためには、本当に生活そのものができなくなってしまったというケースに限っています。
借金を繰り返し破産するといった場合であっても破産そのものが離婚の原因にはならず、破産宣告をしてもなお浪費やギャンブルの激しかった配偶者の努力をしないといった場合に、これを理由にして夫婦関係が破綻してしまい、婚姻を継続しがたい重大な事由として初めて認められることになっています。
家庭を顧みず生活費を入れなくなってしまったり夫婦共働きしているお金を全てどちらか一方の配偶者が浪費やギャンブルなどに使い込んでしまった場合には「民法752条扶助義務違反」に該当するため離婚が認められることになっています。

【借金だけで離婚はできない】

あくまでも法定離婚をする場合には、借金だけを理由にして離婚することはできません。
上記した通り、この借金が理由となり、夫婦間の中で口げんかが絶えなくなってしまったり借金返済に取り組んでいるにもかかわらず実際に借金を作った張本人は反省せずに態度を改めないなどの場合には、婚姻を継続しがたい重大な事由として認められることになっています。

何度借金を繰り返していても家族が生活できるだけの給料を入れていたり借金返済などにもしっかりと努力をして自分の生活を悔い改めているようであれば、例えもう一方の配偶者が離婚請求を行って裁判にかけたところで棄却されるケースがほとんどです。
やはり夫婦には協力義務や扶助義務などがありますので、こうした部分で最大限もう一方の配偶者もある程度の生活ができるように努力しなければならないという裁判例が多くなっています。

【保証人には気をつける】

上記のように離婚するといった内容とは少し違っていますが、夫婦でいると例えば夫が借金を作る際に妻が保証人になるといったケースがあります。
しかしこのようなケースでも夫が借金返済の出来ない状態になってしまうと、妻が保証人として返済をしていかなくてはなりません。

こうした状況の中から生活そのものが崩れてしまい、結果的には夫婦関係が破綻してしまうこともありますので注意しましょう。
また悪質な金融業者でお金を借りてしまうと保証人になっていないにもかかわらず、配偶者であるということを理由に借金の返済を妻が求められてしまうというケースもありますので、いわゆる闇金にも注意が必要となります。
実際に音が闇金でお金を借りていて返すことができず、何度も取り立てがきていたり家族が怖い思いをしているにもかかわらず、夫が返済などに努力をせず、妻や子供が取り立てに追われる生活になった場合、こうした夫の不誠実な行動が原因で婚姻を継続し難い重大な事由があるとして、離婚が認められるケースがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です